トップイメージ

妻に渡している生活費

青色申告をしている際のメリットとして妻に渡している
生活費
の一部や全部を青色専従者控除の対象に出来ることが
あるでしょう。
仕事を手伝っているというのが前提ではありますが、
利益の幅によって
扶養控除の範囲内でたとえば38万円未満や完全に扶養から
外れる103万円未満までがよく利用される金額です。

妻に払う賃金についてですが、これは白色なら86万円が限度で
青色申告なら税務署に届け出ている金額を限度に経費として
処理出来ることになります。

実際にいくら払うかは、ケースバイケースではありますが
事業主より高い賃金や仕事の内容から見て実際に他人に任せた
時とかけ離れた金額にしてしまうと、調査があった時には
指摘を受けることにもなりますから注意が必要です。

個人事業主・中小企業経営者のための節税術MENU

Copyright (C) 2011 個人事業主・中小企業経営者のための節税術. All Rights Reserved.