トップイメージ

自宅や事務所を経費で処理するなら

どんな場合に利用できるかが問題ですが自宅の一部が事務所
会社として利用しているような場合、家賃などの一部が
経費の対象として認められます。

そのためには、仕事をするためのデスクであったり
応接するための家具があったりといった環境が整っていることが
必要です。

業種によっては、パソコンなど仕事をするための道具があれば
それで仕事をするとみなされる場合もあります。

事務所を借りているなら丸ごと経費として処理することもでき
ますし、自宅を一部仕事で使っている場合は、全体の床面積に
対する割合で経費に計上できます。

電気やガス代を経費で処理する

自宅を仕事で使っている場合は、同じく電気やガス代も同じく
利用する割合にあわせて経費として処理することが出来ます。

年間で計算をするとかなりの額が経費として処理できるため
自宅で働く方や事務所として利用する方は是非経費として
計上することをお勧めします。

個人事業主・中小企業経営者のための節税術MENU

Copyright (C) 2011 個人事業主・中小企業経営者のための節税術. All Rights Reserved.