トップイメージ

領収書が無くても経費

領収書が出ない時もあります。一番多い場合で言うと交通費
などがそれにあたります。電車代なんかはまずレシートも
領収書も出ません。

会社で勤めた事のある人なら思い出すのが出金伝票です。
交通費精算書と呼ばれる事もあります。
日付に行き先、旅費に理由などを書いておきます。
バスや電車などまとめて記入できるため交通費は基本的に
交通費精算書を書くと覚えておくといいでしょう。

それ以外の交通費

最近では非常に一般的になったICカード付きのカードや
プリペイドカードも記帳の手間を省いて便利です。

万全を期すならプリペイドカードの日付に経路や旅行先を
控えておくとより良いですし、ICカードなどは後で
パソコンなどから経路を出す事もできますから手間を
減らして旅費をチェックできます。

結婚祝いや香典、足代など

一般的に領収書などもらいにくいこれらのものについても
取引先など関係のあるところであれば帳簿に支払先と
内容を書くことで経費として処理する事ができて節税に
なります。

個人事業主・中小企業経営者のための節税術MENU

Copyright (C) 2011 個人事業主・中小企業経営者のための節税術. All Rights Reserved.