トップイメージ

20万円以下の資産を購入

20万円以下のものであれば何がいいのかご存じでしょうか。
簡単に言えば、20万円以下のものであれば、購入した年に費用として
全額処理出来る事です。

ものにもよりますが、20万円で買ってそのまま全額控除の対象に
なればその分すぐに税金の対象から減らせ節税する事が出来ます。

その点、30万円固定資産になるとそうは行きません。
耐用年数によってまちまちですが50万円のものを買ってもその年には
5万円分しか経費として処理できない事もあります。

分割して買えるものや分けて購入できるものなどは極力
20万円以下で買うのが節税対策では簡単にできて、意外と
即効性がある節税といえます。

少額資産で何をどう買うか

ちなみに商品や消耗品などものを買う時は支払いを
なるべく遅くして、売った時には出来るだけ早く現金化
するのが上手な商売方法です。
しかもこれは経費の上で見ても大事なことです。

手元に現金が無ければ黒字であっても支払いの時に
お金が足りず、会社なら黒字でもつぶれる事があります。

それに、極力在庫は持たないのも節税の基本です。
売ってもいない仕入れただけの商品にも税金が
かかります。
そうなると儲かってもいないのに無駄に税金だけとられる
事になりますから、大量に仕入れて安く買うだけが
商売ではないと言う考え方も出来ます。

個人事業主・中小企業経営者のための節税術MENU

Copyright (C) 2011 個人事業主・中小企業経営者のための節税術. All Rights Reserved.