調剤薬局事務と医療事務の違い

調剤薬局事務と医療事務の違いはまず、仕事場の違いが
上げられます。
調剤薬局事務は、薬剤師のいる調剤薬局で働く専門家ですが
医療事務は、病院や個人の内科や小児科などの医師がいる現場で
働く仕事で小さい病院では通常看護師資格を持つ人が医療事務の
仕事を兼任する事が多く、仕事場は多いももの、調剤薬局事務と
比較すると求人に比べて看護師や経験者も応募することが多く
調剤薬局事務よりも仕事が見つかりにくいところがあります。

その点調剤薬局事務は今増え続けている、調剤薬局で募集がかかる
仕事で人手不足が叫ばれているため、将来性が高く安定した
職業といえるでしょう。

また、同じ受付業務などを行う仕事ではありますが、
薬品や臨床に関わる知識が求められる調剤薬局事務の仕事は
医療事務よりも経験者が圧倒的に少なく、未経験者や比較的年齢が
上であっても有資格者が優遇されるなど様々な
メリットがあります。

また、調剤薬局事務の利点として有資格者は医療事務の資格者と
同様に扱われることがあり医療事務の求人でも採用されやすく、
仕事探しにおいても有利であるといえます。

調剤薬局事務(調剤報酬請求事務専門士)になる資格と求人MENU

Copyright (C) 2008 調剤薬局事務(調剤報酬請求事務専門士)になる資格と求人. All Rights Reserved.